Discover how the 2019 Omnibus Regulation impacts cosmetics, including new restrictions on Salicylic Acid and updates on prohibited substances.

大麻デリバティブに関する最近の欧州の動向

ヘンプシードオイルやカンナビジオール(CBD)などの大麻誘導体は、ここ数日非常に流行しており、多くの化粧品ブランドがこの新しい市場動向に注目している。 いつものように、新たな開発、新たな技術、新たな慣行が法的な問題を提起し、欧州当局がこれらの大麻デリバティブについて疑問(時には懸念)を呈し始める。

2018年12月10日に欧州委員会レベルで行われた会議の後、化粧品における大麻の状況についての注記が発表されることが確認された。 EUでは規制の進展にかなりの時間がかかることがあり、その間にBIORIUSはこのトピックに光を当てることができる:

化粧品規則(EC) n° 1223/2009:
規則附属書IIの禁止物質に関する項目306には、麻薬が挙げられている。 これらはすべて、1961年3月30日にニューヨークで署名された麻薬に関する単一条約の表Iおよび表IIに記載されている物質であることが明記されている。

1961年3月30日のニューヨーク条約:
この条約は、大麻という用語を、その用途が何であれ、樹脂が抽出されていない大麻植物の花穂または実穂(発光体を伴わない種子および葉を除く)と定義している。

大麻、大麻樹脂、大麻抽出物、大麻チンキは、条約の表Iに記載されており、化粧品規制の付属書IIに記載されている表と同じである。

したがって、花頭を伴わない種子および葉は、規則(EC)No 1223/2009の禁止物質には含まれないと結論づけるべきである。

カンナビジオール
カンナビジオールはカンナビノイド誘導体(CBD)で、テトラヒドロカンナビノール(THC)とは異なり、精神作用はないようだ。 したがって、一定の条件下では化粧品に使用することができるようだ:

  • 薬理作用または代謝作用(化粧品規則に定義されている)を発揮することにより、著しい生理学的効果を誘発してはならない、
  • 使用されるカンナビジオール抽出物は、無添加の種子と葉からのみでなければならない(1961年ニューヨーク条約)
  • THC含有量は、共同体の方法に従って測定されなければならず、使用される原料の0.20%を超えてはならない(例:1990年8月22日仏法令、R.5132-86公衆衛生法)、
  • 最終製品にTHCが含まれることは、その割合にかかわらず禁止されている。
  • THCの存在は定義上不純物となるため、安全性評価者が最終製品の安全性に関してその存在を評価することは適切であろう。

国の規定

私たちの知る限り、EU諸国には大麻デリバティブに関する国内規定はない。 スウェーデン、フランス、リトアニアのような国々が、このトピックについていくつかの報告をしている。 私たちの知る限り、これらの報告は、上記の報告された条件が満たされる限り、化粧品ブランドが化粧品に大麻を使用することを妨げるものではない。

しかし、BIORIUSはフランスの麻薬取締班がいくつかの化粧品ブランドの製品ラベルを管理していることを知った。 この機会にフランス当局は、大麻の葉の写真や絵を製品ラベルやその他のマーケティング・コミュニケーションに表示することは禁止されていることを再認識した。 欧州委員会から明確な見解が示されるまでは、これらの記号の使用には慎重を期し、なるべく避けるよう顧客に勧める。

質問は?

Author

  • Frédéric Lebreux

    Dr. Frédéric Lebreux is Biorius's Chief Executive Officer and has worked in the cosmetic industry for more than 13 years. He is regularly invited as a speaker or Professor to cosmetic events.

    View all posts