Discover how the 2019 Omnibus Regulation impacts cosmetics, including new restrictions on Salicylic Acid and updates on prohibited substances.

着色料として使用される酸化亜鉛

EU委員会は、着色料(CAS 1314-13-2, CI 77947)として使用される酸化亜鉛の使用を制限する新しい法律(規則EU No 2017/1413)を発表した。 酸化亜鉛は、付属書IV(項目144)に記載されている公式着色料です。 これまでは、すべての製品カテゴリーにおいて、(ナノでない形で)任意の濃度で添加することができた。

SCCSは、この着色料の粒子が肺の炎症を引き起こす可能性があるとして、吸入の危険性がある場合の酸化亜鉛の使用について懸念を示した。 これに基づき、EU委員会は(着色料としての)酸化亜鉛の使用を、消費者の肺への暴露につながらない用途に限定することを決定した。 消費者の肺への暴露につながる可能性のあるルースパウダーやその他の化粧品は、この規制の対象となる。

このEU化粧品規則(EC No 1223/2009)の新たな改正は2017年8月24日に発効するが、EU委員会は短期間の移行期間を認めている:

  • 2018年2月24日(6ヶ月後)より、本規則に準拠した化粧品のみがEU市場に出回ることとなる(つまり、この日以降、非準拠の化粧品は市場に出回らない)。
  • 2018年5月24日(今から9ヶ月後)より、本規則に準拠した化粧品のみがEU市場で販売される(すなわち、非準拠製品はこの日までに市場から撤去される)。

質問は?

Author

  • Frédéric Lebreux

    Dr. Frédéric Lebreux is Biorius's Chief Executive Officer and has worked in the cosmetic industry for more than 13 years. He is regularly invited as a speaker or Professor to cosmetic events.

    View all posts