Discover how the 2019 Omnibus Regulation impacts cosmetics, including new restrictions on Salicylic Acid and updates on prohibited substances.

第49次IFRAコード・オブ・プラクティス改正の発表

更新

2019年12月16日

国際フレグランス協会(IFRA)は、IFRAコード・オブ・プラクティス(IFRA Code of Practice)の第49回改正に関する通知文を発表した。 この修正条項の多くの要件は、2020年1月10日に施行される。 すべてのフレグランスは25ヶ月以内に第49次IFRA改正に準拠しなければならない。

IFRA基準は自主規制であるが、欧州当局は、IFRA基準を遵守することが欧州化粧品規制第3条を満たすための前提条件であると考えている。 従って、フレグランスのサプライヤーに連絡し、この点を過度な遅滞なく確保することを奨励する。

質問は?

憲法49条の出版

2019年11月17日

今週、国際フレグランス協会(IFRA)は、IFRAコード・オブ・プラクティス(IFRA Code of Practice)の第49回改正に関する協議終了書を発表した。 125の新規および改訂されたIFRA基準のリストは、コンサルテーション・レターの付属文書に掲載されている。

この改正がフレグランス業界に与える影響は甚大であり、そのためIFRAは特別な移行期間を設けることを決定した:

  • フレグランス化合物の新規創造に13カ月
  • 既存香料の改良に25カ月 化合物

これらの期限は以下の通りである。 通知書が発行された時点で実行される。 通知 協議終了通知から8週間以内に発行される。

2022年2月よりBIORIUS には修正第49条に準拠したIFRA証明書が必要となる。 すべてのフレグランスとアロマ。

Author

  • Frédéric Lebreux

    Dr. Frédéric Lebreux is Biorius's Chief Executive Officer and has worked in the cosmetic industry for more than 13 years. He is regularly invited as a speaker or Professor to cosmetic events.

    View all posts