Discover how the 2019 Omnibus Regulation impacts cosmetics, including new restrictions on Salicylic Acid and updates on prohibited substances.

チオグリコール酸とその塩の新しい使用法

チオグリコール酸とその塩(主にチオグリコール酸ナトリウムとチオグリコール酸カリウム)は、EU化粧品規制の付属書III(項目2a)で規制されている化粧品成分であり、脱毛作用と毛髪のウェーブ/ストレート化作用のために使用されます。

同規則によれば、頭髪とまつ毛では危険度が異なるため、頭髪用化粧品にはまつ毛への使用は含まれない。 その結果、これまで、チオグリコール酸とその塩は、まつげウェービング用の製品に使用することは許されていなかった。

SCCSは2013年、産業界の要請を受け、まつげに塗布する場合のこれらの成分の使用を評価し、業務用製品では11%までなら安全だが、自己塗布時に目を刺激するリスクを考慮すると、消費者は使用すべきではないと結論づけた。

そのため、欧州委員会は、まつげウェービングを目的とし、専門家が使用する製品(項目2a[d])に、チオグリコール酸とその塩を11%まで使用できるようにする新たな修正案(EU No 2015/1190)を発表した。

さらに今回の改正では、「目に入った場合は、直ちに多量の水で洗い流し、医師の診断を受けること」という一文が「目に入った場合は、直ちに洗い流すこと」に変更され、これらの成分の使用条件が若干変更された。

この改正は2015年8月10日から正式に適用される。

質問は?

Author

  • Frédéric Lebreux

    Dr. Frédéric Lebreux is Biorius's Chief Executive Officer and has worked in the cosmetic industry for more than 13 years. He is regularly invited as a speaker or Professor to cosmetic events.

    View all posts