DGCCRF France 2023 - Cosmetics compliance campaigns in the European Union

フェノキシエタノールとオムニバスV規制

EUにおける化粧品規制の最新情報

欧州連合(EU)は、化粧品に関する法的要件を絶えず変更または追加している。 欧州では徹底した法的監視が必須であり、EU責任者の最初の任務のひとつである。 薬事規制のエキスパートであるBIORIUSは、責任者として、またコンサルタントとして、すべての最新情報を把握している。 ここでは、フェノキシエタノールとオムニバスV規制に関する最も重要な最新の化粧品規制ニュースを紹介する。

1) フランス – フェノキシエタノールを含むリーブオン製品に関する化粧品表示義務の取り消し

2019年、フランス当局は、「ANSM決定2019年3月13日」としても知られる、フェノキシエタノール含有リーブオン製品に関する法的要件を発表した。 フランス市場で販売されるすべてのリーブオン化粧品(一部の例外を除く)の製品ラベルに、「3歳未満の子供のおむつ肌部分には使用しないでください」という警告を表示することが要求された。

この行政決定により、美容企業連盟(FEBEA)と医薬品・健康食品安全庁(ANSM)との間で争いが生じた。 最終的にはEU司法裁判所まで発展し、規則1223/2009の第27条の解釈を明確にすることになった。

2022年9月15日の裁判所判決(第二審)に続く、
法的先例となる重要な決定により、BIORIUSは、フランス市場向けのフェノキシエタノールを含むリーブオン化粧品のラベルに「3歳未満のお子様のおむつ皮膚には使用しないでください」という警告を表示することを推奨しない

2022年9月15日の裁判所の判決について詳細をお知りになりたい方は、遠慮なくinfo@biorius.com までご連絡ください。

2) 化粧品に関するオムニバスV規制とは何ですか?

オムニバス規制の内容については、すでにいくつかの記事を書いたが、その中でも禁止または制限されている成分に重点を置いている。

欧州委員会規則(EU)2022/1531が2022年9月15日に公布された。 いわゆるオムニバスV規制 は2022年12月17日に発効する。 この日から、適合製品のみがEU市場に出回り、入手可能となる。. この日を過ぎると、まだ市場に出回っている製品は非準拠とみなされる。 さらに掘り下げると、新たな禁止成分は附属書IIに、制限成分は附属書IIIに含まれている。

⚠️規制提案以降、サリチル酸メチルに関して変更があった。 規制の最終版では、6歳未満の子供用の歯磨き粉への使用が許可されている。 ただし、6歳未満の小児を対象とするその他の製剤では、この成分の使用は引き続き禁止されています。サリチル酸メチルは通常、香料供給業者によって開示されていない香料成分であるため、化粧品処方の適合性を確認するために、香料供給業者(または委託製造業者)に直接確認することをお勧めします。

フェノキシエタノールとオムニバスV規制の詳細については、毒物学者、化粧品専門家、規制問題のスペシャリストで構成される当社のチームが、規制の負担を軽減し、法的脅威を防止することで、貴社の安全な成長をお約束します。

お問い合わせ

詳しくは、ビオリウスのお客様であればCRM カスタマー・リレーションシップ・マネージャー)、またはinfo@biorius.com

Author

  • Frédéric Lebreux

    Dr. Frédéric Lebreux is Biorius's Chief Executive Officer and has worked in the cosmetic industry for more than 13 years. He is regularly invited as a speaker or Professor to cosmetic events.

    View all posts