Discover how the 2019 Omnibus Regulation impacts cosmetics, including new restrictions on Salicylic Acid and updates on prohibited substances.

HICC_リラール、アトラノール、クロロアトラノールの使用禁止について

EU委員会は、ヒドロキシイソヘキシル-3-シクロヘキセンカルボキサアルデヒド(HICC、商品名:リラール)、2,6-ジヒドロキシ-4-メチルベンズアルデヒド(アトラノール)、3-クロロ-2,6-ジヒドロキシ-4-メチルベンズアルデヒド(クロロアトラノール)の使用を禁止する新たな法律(規則EU No 2017/1410)を発表した。 これら3つの香料アレルゲンは、過去数年間で接触性アレルギーの症例数が最も多く、SCCSとEU加盟国によれば、全面禁止が正当化される。

HICCは非常に重要な香料成分であり、その禁止による影響は非常に大きいと予想される。 BIORIUSでは、フレグランスの再製造のスケジュールを立てるため、遅滞なくフレグランスサプライヤーに連絡することを推奨しています。

アトラノールとクロロアトラノールは、それ自体は香料成分ではありませんが、オークモス(Evernia prunastri)とツリーモス(Pseudevernia furfuracea / Usnea furfuracea)のエキスに天然に含まれています。
しかし、2つの理由から、これらの禁止措置の影響はそれほど重要ではない:

  • オークモスとツリーモスは、一般的に高級フレグランスに使用される。
  • IFRA(国際香料協会)は、オークモスとツリーモスの抽出物に含まれるアトラノールとクロロアトラノールのレベルを最大100ppmに制限する基準を施行した。 これらの成分の一般的な希釈を考慮すると、アトラノール/クロロアトラノールの濃度は、上質なフレグランスの中で0.5ppmを超えることはない。 EU委員会は、この微量レベルが許容範囲内であることを確認した。つまり、IFRAに準拠した香料は、この法律の影響を受けることはないということだ。

このEU化粧品規則(EC No 1223/2009)の新たな改正は、2017年8月23日に発効する。 HICCの代替が例外的に困難であることから、EU委員会は長い移行期間を認めている:

  • 2019年8月23日(2年後)からは、本規則に適合した化粧品のみがEU市場に出回ることになる(つまり、この日以降、非適合製品は市場に出回らない)。
  • 2021年8月23日(今から4年後)からは、この規則に準拠した化粧品のみがEU市場に出回ることになる(すなわち、この日までに非準拠製品は市場から撤去される)。

質問は?

Author

  • Frédéric Lebreux

    Dr. Frédéric Lebreux is Biorius's Chief Executive Officer and has worked in the cosmetic industry for more than 13 years. He is regularly invited as a speaker or Professor to cosmetic events.

    View all posts