Hair dyes update

毛染め最新情報

染毛剤の毒性、特に発がん性、遺伝毒性、皮膚感作性については、多くの専門誌で取り上げられている。 消費者を適切に保護するため、消費者安全科学委員会(SCCS)、欧州委員会、加盟国、業界は、染毛剤を評価するための全体的な戦略を策定した。 その作業が進むにつれ、欧州化粧品規制(EC No 1223/2009)の付属書に新しい項目が定期的に追加されたり、既存の項目がより制限的になるよう改訂されたりする。

染毛剤を評価するこの一般的な計画の一環として、欧州委員会は11月12日、付属書II(禁止成分)とIII(特定条件下で認可された成分)を改正する新規則(EU)2020/1683を発表した。 この新法案の詳細は以下の通り。 具体的には、最近の変更は、すでにEU市場に流通している製品には大きな影響を与えないようだ。

  • 附属書IIに3物質が追加された。 毛髪やまつ毛製品への使用は禁止される:
物質名 CAS 今後の状況 申請期限
1,2,4-トリヒドロキシベンゼン533-73-3毛髪および
まつ毛染め製品に
物質として使用する場合は禁止する。
これらの物質を含有する染毛剤およびまつ毛染め剤製品

は、次のことをしてはならない:
* 2021 年 9 月 3 日より欧州連合市場に投入

* 2022 年 6 月 3 日より欧州連合市場で入手可能に
6-アミノ-m-クレゾール2835-98-5
4-アミノ-2-ニトロジフェニルアミン-2′-カルボン酸117907-43-4
  • 1 附属書IIIの変更:2-メトキシメチルp-フェニレンジアミンは、業務用としてまつ毛に着色することが許可された。 なお、この変更は2020年12月2日から適用される。
物質名 CAS 以前の状況 現在の期限
2-メトキシメチル-p-フェニレンジアミン

2-メトキシメチル-p-フェニレンジアミン硫酸塩
337906-36-2

337906-37-3
附属書III/292
酸化染毛剤に含まれる染毛物質

酸化条件下で混合した後、毛髪に適用される最大濃度は1.8%(遊離塩基として計算)を超えてはならない。

ラベルに印刷する:
混合比。
「ヘアカラー剤は深刻なアレルギー反応を引き起こす可能性があります。 指示を読み、指示に従う。 本製品は16歳未満の方には使用できません。 一時的な「ブラックヘナ」タトゥーは、アレルギーのリスクを高める可能性があります。
次のような場合は、髪を染めないでください:
– 顔に発疹がある人、頭皮が敏感で炎症を起こして傷んでいる人、
– カラーリング後に何らかの反応を経験したことがありますか?
– 過去に一時的な “ブラックヘナ “タトゥーに反応した経験がある方”
附属書III/292を更新:
まつげのカラーリングを目的とした製品の添加。
プロユースのみ許可

その場合、ラベルに印刷される:
混合比。
「この製品は重篤なアレルギー反応を引き起こす可能性があります。説明書を読み、それに従ってください。本製品は16歳未満の方には使用できません。一時的な “ブラックヘナ “タトゥーはアレルギーのリスクを高める可能性があります。
睫毛は、消費者が着色してはならない:
– 顔に発疹があったり、頭皮が敏感で炎症を起こして傷んでいる、
– 髪やまつげにカラーリングをした後、何らかの反応を経験したことがある、
-過去に一時的な “ブラックヘナ “タトゥーに反応した経験がある。
業務用のみ。 製品が目に入った場合は、直ちに洗い流すこと。”
  • 6物質が附属書IIIに追加され、特定の使用条件下で染毛剤としての使用が許可され、いくつかの警告が表示されるようになった。
物質名 CAS 今後の状況 申請期限
ジメチルピペラジニウムアミノピラゾロピリジン塩酸塩1256553-33-9Annex III/313:
酸化染毛剤中の染毛剤物質
酸化条件下で混合した後、毛髪に適用される最大濃度は 2%(遊離塩基として計算)を超えてはならない。
2021年6月3日
ラベルに印刷する:
混合比。
「ヘアカラー剤は深刻なアレルギー反応を引き起こす可能性があります。 読んで従う
という指示がある。 本製品は16歳未満の方には使用できません。
一時的な「ブラックヘナ」タトゥーは、アレルギーのリスクを高める可能性があります。 をしてはならない。
もしそうなら、髪を染めてください:
– 顔に発疹がある人、頭皮が敏感で炎症を起こして傷んでいる人、
– カラーリング後に何らかの反応を経験したことがありますか?
– 過去に一時的な “ブラックヘナ “タトゥーに反応した経験がある方。
2021年12月3日
メチルイミダゾリウムプロピル-p-フェニレンジアミン塩酸塩220158-86-1 Annex III/314:
酸化染毛剤中の染毛剤物質
酸化条件下での混合後、毛髪に適用される最大濃度は2%(遊離塩基として計算)を超えてはならない。
2021年6月3日
ラベルに印刷する:
混合比。
「ヘアカラー剤は深刻なアレルギー反応を引き起こす可能性があります。 読んで従う
という指示がある。 本製品は16歳未満の方には使用できません。
一時的な「ブラックヘナ」タトゥーは、アレルギーのリスクを高める可能性があります。 をしてはならない。
もしそうなら、髪を染めてください:
– 顔に発疹がある人、頭皮が敏感で炎症を起こして傷んでいる人、
– カラーリング後に何らかの反応を経験したことがありますか?
– 過去に一時的な “ブラックヘナ “タトゥーに反応した経験がある方。
2021年12月3日
HCオレンジNo.61449653-83-1Annex III/315:
非酸化染毛剤中の染毛剤物質:
メタンスルホン酸塩の不純物、特にメタンスルホン酸エチルを含有してはならない。
2021年6月3日
アシッドオレンジ 7633-96-5Annex III/316:
非酸化染毛剤中の染毛剤物質:0.5%以下
2021年6月3日
テトラブロモフェノール・ブルー4430-25-5附属書III/317
(a) 酸化染毛剤に含まれる染毛剤物質:2021年6月3日から
酸化条件下で混合した後、毛髪に適用される最大濃度は0.2%(遊離塩基として計算)を超えてはならない。
(b) 酸化染毛剤以外の染毛剤に含まれる染毛剤物質:最大0.2
2021年6月3日
ラベルに印刷する:
混合比。
「ヘアカラー剤は深刻なアレルギー反応を引き起こす可能性があります。 読んで従う
という指示がある。 本製品は16歳未満の方には使用できません。
一時的な「ブラックヘナ」タトゥーは、アレルギーのリスクを高める可能性があります。 をしてはならない。
もしそうなら、髪を染めてください:
– 顔に発疹がある人、頭皮が敏感で炎症を起こして傷んでいる人、
-髪を染めた後、何らかの反応を経験したことがありますか?
– 過去に一時的な “ブラックヘナ “タトゥーに反応した経験がある方。
2021年12月3日
Indigofera tinctoria leaf
Indigofera tinctoria leaf
powder
Indigofera tinctoria leaf extract
Indigofera tinctoria extract
84775-63-3Annex III/318:
非酸化染毛剤中の染毛剤物質:最大25
2021年6月3日

バイオリウスは、変化の激しい厳しい規制環境に対応し、製品ポートフォリオのコンプライアンス状況を常に把握するお手伝いをいたします。 ご遠慮なくお問い合わせください。

著者ステファニー・アネット、EU規制監督官

Author

  • Frédéric Lebreux

    Dr. Frédéric Lebreux is Biorius's Chief Executive Officer and has worked in the cosmetic industry for more than 13 years. He is regularly invited as a speaker or Professor to cosmetic events.

    View all posts