Discover how the 2019 Omnibus Regulation impacts cosmetics, including new restrictions on Salicylic Acid and updates on prohibited substances.

最新の化粧品常任委員会の重要な結果

最新の化粧品常任委員会が10月22日にブリュッセルで開催された。 この会議は、EU加盟国の代表が一堂に会し、EU委員会が策定した規制案を採決することを目的としている。

この委員会で下されたいくつかの重要な決定は、共有する価値があり、今後数カ月(おそらく2016年1月)に公表される予定である。

酸化亜鉛(ナノおよび非ナノタイプ)は、公式UVフィルターリスト(化粧品規則附属書VI)への追加がすべてのEU加盟国によって承認されている。 唯一の制限は、この新しいUVフィルターは “吸入によってエンドユーザーの肺に暴露される可能性のある用途には使用しないこと “である。 解釈の余地はあるが、BIORIUSは、大きな液滴を放出するスプレー(フレグランスポンプなど)はこの禁止の対象外であり、エアゾールや小さな液滴を生成するその他の噴霧器が主な対象となると考えている。

水酸化カリウムは、「目に触れないこと;失明を引き起こす可能性がある;子供の手の届かないところに保管すること」という警告を表示することを条件に、1.5%までの柔軟仕上げ剤/除去剤への使用がまもなく許可される。

トリメチルベンゾイルジフェニルホスフィンオキシド(TPO)は、ECHAリスクアセスメント委員会によってCMR 2に分類されており、この分類の通常の結論は、化粧品へのこの成分の配合を禁止することであったはずである。 しかし、業界は、爪硬化製品におけるこの成分の安全な使用を裏付ける説得力のあるデータセットを提出し、SCCSは肯定的な見解を示した。 その結果、「皮膚への接触を避けること、使用上の注意をよく読むこと」という注意書きが表示されることを条件に、ネイル製品へのTPOの使用を5%まで認める項目が化粧品規則に追加されることになった。

ジエチレングリコールモノエチルエーテル(DEGEE)の使用は、リンスオフ製品では最大濃度10%、酸化染毛剤では最大濃度7.0%、非酸化染毛剤では最大濃度5%、その他の化粧品(スプレー製品、高級香料、ヘアスプレー、制汗剤・消臭剤を含む)では最大濃度2.6%に制限される。 さらに、DEGEEの不純物としてのエチレングリコールの濃度は0.1%に制限される。 最後に、DEGEEはおそらく口腔衛生用品や眼用品への使用は禁止されるだろう。

クオタニウム15はCMR2に分類され、業界からの支持が得られなかったため、公的な防腐剤リスト(化粧品規則の付属書V)から除外される。 SCCSはこの成分について肯定的な見解を示さなかったため、現在、化粧品への使用は禁止されている。

質問は?

Author

  • Frédéric Lebreux

    Dr. Frédéric Lebreux is Biorius's Chief Executive Officer and has worked in the cosmetic industry for more than 13 years. He is regularly invited as a speaker or Professor to cosmetic events.

    View all posts