日本での化粧品販売と規制遵守

日本の化粧品市場で成功する鍵

日本は 世界第3位の化粧品市場であり、化粧品ブランドにとって重要なターゲットとなっている。 どうすればこの国でうまく実施できるか、考えたことがあるだろうか? この記事の目的は、計画的な開発プロジェクトにおけるマーケティングの鍵と、日本の化粧品規制に準拠するための規制ガイダンスを提供することである。

日本の化粧品市場

日本市場への参入を考える前に、そのトレンド、購買行動、期待を理解することで、プロジェクトの実現可能性を評価することができる。 長年にわたって西洋の影響を受けてきたとはいえ、この島はそのルーツに強いこだわりを持ち続け、地元の文化を色濃く残している。

化粧品の歴史

世界の他の地域と同様、日本でも化粧品は美を高め、社会的地位や婚姻関係を示すために生まれた。 しかし、美の基準や化粧品の使い方は依然として異なっている。 美容製品は6世紀ごろ、韓国や中国を通じて登場したと考えられている。 色の選択は主に赤、白、黒に限られ、赤い唇と白い肌で構成される有名なゲイシャ・スタイルは西洋で反響を呼んだ。

化粧品は進化し、アメリカナイズされた後、20世紀末に強力な再日本化を遂げた。 今、日本人はメイド・イン・ジャパンの化粧品に愛着を持っている。現在のトレンドは、たとえ使用される美容製品が肌のタイプ、髪のタイプ、気候、その土地の成分や美容基準に関連したものであったとしても、メイクアップの個性的なアプローチや斬新さの追求に重点を置いている。

日本の化粧品トレンド

化粧品の中で、スキンケアは最も成功しているサブカテゴリーであり、国全体の売上の半分以上を占めている。 次いでメイクアップ、ヘアケア、メンズケアと続く。 実際、日本人は化粧で肌の欠点を隠すのではなく、肌の質感や肌質に気を配ることを好む。

アンチエイジング、ブライトニング、モイスチャライジング製品は需要の筆頭であり、香水は最も流行の少ないカテゴリーである。 日本人女性は早い時期(20代前半)からアンチエイジング化粧品を使い始めており、シミのない滑らかな白い肌が理想的な基準となっている。 その結果、サンケア効果のある化粧品が普及している。

さらに、パステルカラーを基調とした、あまり濃いメイクをしない傾向がある。 日本でメイクアップが化粧品の王様でないとすれば、それは日本の重ね付けの儀式が最大のトレンドだからである。 韓国の美容業界の特徴である短期的な効果よりも、品質と長期的な効果を重視している。 日出ずる国では、ローション、エッセンス、ミルクが、たとえばファンデーションや毛染めとともに大きな成功を収めている。 このスキンケアのルーチンを完成させるために、消費者は美容器具を使い、入浴儀式を特に重要視している。

日本の市場関係者

日本の化粧品市場は拡大しており、COVID-19の流行期には比較的好調だった。 全国的な売上は、主に地元の大手ブランドによって生み出され、それを中小企業の密集市場が補完している。 ドラッグストア、百貨店、薬局、ディスカウントストア、Eコマースなど、2019年以降Eコマースのシェアが伸びているとはいえ、流通チャネルは数多くある。

マーケティングの適応と機会

日本で成功するためには、海外ブランドは日本の消費者の嗜好やマーケティング環境を見て、実行計画を立てなければならない。 十分に準備されたプロジェクトは長期的な成長機会を保証し、急いだ商業化は失敗につながりかねない。

日本の消費者とマーケティングの特殊性

海外ブランドは主に、スキンケア、ヘアケア、化粧品を列島に輸入している。 フランス、韓国、アメリカがリードし、中国やタイなどの東アジア諸国がそれに続く。

まず重要なのは、消費者のロイヤリティである。 もし彼らが製品に納得すれば、ほとんどの年齢層、社会層、職業層があなたのブランドに忠誠を誓うだろう。 その結果、特定のターゲット・セグメントに焦点を絞ることが、多くの外資系企業にとって成功の要因となった。 すべての日本人に化粧品を売ろうとするのではなく、ニッチな市場にアプローチすることは、マーケティングレベルでは賢明な選択といえる。 実際、日本人は専門知識を重視するので、あなたのオファーがより厳選され、達成されたものであれば、より高く評価するだろう。 人口の特定の部分の懸念やニーズに対応することは、あなたのブランドを選択的に見せることになり、それはまた、より高い価格を通じて到達することができる。

国民は質的な商品を重視するため、価格も品質レベルに見合ったものであるべきだと考えている。 しかし、パンデミック(世界的大流行)の影響もあり、価格は下落傾向にある。. 特にミレニアル世代は、低価格で低品質の製品を求める傾向がある。

とはいえ、高齢者層は依然として化粧品に多額の出費をしている。 日本は高齢化社会であり、総人口の29.1%が65歳以上である。

従って、ストーリーテリングも また、日本におけるマーケティング戦略の重要な側面である。 実際、長い歴史を持つブランドは、あなたの信頼性と信用性を証明し、エンゲージメントを生み出すので、高く評価される。 多くの地元ブランドは、創業者が最先端の技術を発見した経緯や、先祖伝来の食材がどのように加工されているかなど、その開発について伝えている。

結局のところ、化粧品のトレンドをチェックすることは必須なのである。 一般的に、個性は奨励されないため、トレンドは欧米以上に成功する。 桜の季節には花の香り、ホワイトデーにはコラボや特別パッケージなど、限定品が圧倒的に多いのもその結果だ。 彼らは消費者の関心を引きつけ、新製品を待ち望んでいる。 それでも、若い世代は自分たちのアイデンティティを表現したいと考え、外国の製品や技術に対してよりオープンになっている。

マーケティング戦略を日本市場に適合させる方法

日本で化粧品を販売する場合、標準化、適応、両方のミックスという3つの選択肢がある。

外資系化粧品ブランドの大半は、標準化と適応の中間を選択し、日本流のアレンジを加えたオリジナル商品を提供している。 全体的に見れば、それが最善のアプローチであり、好ましい戦術であるようだ。 ブランド・イメージはそのままに、社会的・文化的な側面を考慮に入れて、その土地に合った小さなアレンジを加える。謳い文句、商品説明、マーケティング・サポート、ウェブサイトやパッケージは、化粧品そのものと同じくらい重要視される。

しかし、肌も髪も違う日本人女性は、海外で開発された化粧品は自分たちには合わないという考えが強い。 どのブランドも、この特殊性とマーケティング全般に対して異なるアプローチを選択することができるが、国際的な企業は、製品がよく説明され、消費者のニーズに適合し、マーケティング戦略が納得のいくものであれば、自分の居場所を見つけることができる。

高まる海外ブランドのニーズ

国際的なブランドは、外国の新しい美容製品への需要が高まっている地元市場を活用することができる。 一部の層がその発掘に熱心な一方で、主な販売チャネル間では顧客獲得競争が激化している。 その結果、大手チェーンストアは、日本市場内の熾烈な競争の中で多角化を図るため、ヨーロッパの直輸入商品を探している。

その上、オンライン販売はますます大きくなっており、新たな機会の出現を促している。 ブランドは、オンライン販売、代理店、ジョイントベンチャー、または独自の法人を選択するのではなく、インフルエンサー、オンラインマーケットプレイス、または日本の消費者に高く評価されている実店舗などの新しいツールのおかげで、以前よりも簡単に消費者に直接アプローチできるようになった。

日本での化粧品販売と規制遵守

マーケティング戦略や実施プロジェクトを考える際には、ラベルやクレーム、処方に影響を与える可能性のある法的側面を考慮する必要があります。日本の規制は厳しく、解釈も難しいからこそ、BIORIUSのような有名な第三者の力を借りることで、スムーズな商品化を実現できるのです。

日本の化粧品規制の枠組み

日本では、化粧品は厚生労働省によって規制され、化粧品基準、公正競争規約、景品表示法などの法律で定められている。 化粧品は化粧品と医薬部外品に分けられ、医薬部外品には消臭剤、脱毛剤、ふけ防止剤、歯磨き粉、染毛剤などがある。 詳しくは専用ホームページをご覧ください。

バイオリウスがお手伝いできること

BIORIUSでは、これらの規制を遵守するため、化粧品・医薬部外品の処方やラベルをチェックしています。 私たちの専門家は、日本の消費者のために採用すべき正しいクレームについてもアドバイスします。 さらに、医薬部外品の承認前書類も作成する。

また、日本語は複雑な言語であり、マーケティングにおいて特殊性があるため、翻訳パートナーとともに、貴社ブランドが適切な言葉でコミュニケーションできるような翻訳サービスをご提案いたします。 最終的には、マーケティング戦略が正しい方向に向かっているかどうかを確認するために、簡単なマーケティングを行うことができる。

エマ・ヴァルニエ

ビジネス開発担当者

emma.varnier@biorius.com

Author

  • Frédéric Lebreux

    Dr. Frédéric Lebreux is Biorius's Chief Executive Officer and has worked in the cosmetic industry for more than 13 years. He is regularly invited as a speaker or Professor to cosmetic events.

    View all posts