Discover how the 2019 Omnibus Regulation impacts cosmetics, including new restrictions on Salicylic Acid and updates on prohibited substances.

化粧品へのエトキシジグリコールの使用制限規則が発表されました

規則(EU) No 2016/314が発表され、2016年3月25日に発効する。 この新しい法律では、エトキシジグリコールに関する最近の毒性学的調査を考慮し、それに基づいて使用制限を実施している。 DEGEE(CAS111-90-0)としても知られるエトキシジグリコールは、多くの製品カテゴリーで溶剤として広く使用されている化粧品成分であり、特にヘアスタイリング製品、フェイスクリーム、香水に使用されている。

主に腎臓障害の危険性から、EU委員会と加盟国は、以下のような制限を決議した:

製品タイプ最大使用レベル
酸化染毛剤7 %
非酸化染毛剤5 %
染毛剤以外の洗い流し製品10 %
その他のノンスプレー化粧品2.6 %
以下のスプレー製品:高級香料、ヘアスプレー、制汗剤、デオドラント剤2.6 %

さらに、エトキシジグリコールの目薬や経口剤への使用も禁止される。 エトキシジグリコール中のエチレングリコール不純物のレベルは0.1%以下でなければならない。

上記の規制の適用は、業界が製品処方に必要な調整を行えるようにするために延期された。 本規則の発効後、適合製品を市場に投入し、非適合製品を市場から撤退させるために12ヶ月が与えられている。
つまり、エトキシジグリコールに対する規制は2017年3月25日に実施される。

質問は?


Author

  • Frédéric Lebreux

    Dr. Frédéric Lebreux is Biorius's Chief Executive Officer and has worked in the cosmetic industry for more than 13 years. He is regularly invited as a speaker or Professor to cosmetic events.

    View all posts