EU/英国における化粧品表示要件

EUと英国における化粧品ラベルのコンプライアンスを確保する方法

欧州および英国で販売される化粧品は、そのラベルを含め、現地の規制に準拠しなければならない。 その条件とは

  • PIF
  • 適合するフォーミュラ
  • 適合ラベル
  • EU CPNPまたはSCPNポータルへの通知
  • EUまたは英国の責任者

BIORIUSでは、これらのトピックのほとんどをすでに紹介しているので、ぜひ専用の出版物をご覧いただきたい。 この記事は、適合する包装と容器を構成する化粧品表示要件を明確にすることを目的としている。

ヨーロッパとイギリスは、世界で最も厳しい化粧品規制を実施している。 しかし、私たちの信条はこうだ:適合する化粧品がなければ、市場もない!

EU/UK責任者の連絡先

まず、化粧品規制の第4条によれば、「共同体内で法人または自然人が責任者として指定されている化粧品のみが上市される」とされている。 この規則では、EUと英国のそれぞれの責任者を、一次および二次ラベルに明記しなければならない

化粧品に関する情報

さらに、ラベリングの要件には、化粧品に関するいくつかの技術情報が含まれる:

  • 原産国
  • 正味重量
  • PAO
  • バッチ番号
  • INCIリスト

世界の他の地域では、異なる必須情報が要求されているため、国際開発戦略を確立する際には、こうした格差を考慮に入れなければならない。

使用上の注意、警告および製品の機能

また、ラベルに使用上の注意と警告を記載しなければならない。 あなたの化粧品の特殊性に合わせなければならない。 多くの場合、PIFの作成や処方の開発中に導き出された結論を指す。 化粧品の名称があまりにもあいまいな場合、製品の機能(これは明確でなければならない)と、合理的に予測可能な使用によってもたらされる望ましくない影響とが関連している。

EUにおける翻訳義務

EUでは、ラベル全体を現地語で翻訳する 必要はない。 最低限の法的要件は以下の通り:

  • 公称内容量(英国ではインペリアル単位)
  • 最低耐久日およびPAO
  • 警告および使用上の注意に関する記述
  • 化粧品の機能(明らかな場合は必須ではないが、製品ラベルに記載されている場合は翻訳すること)
  • 同封または添付のリーフレット、ラベル、テープ、タグ、カードがある場合はその旨
  • 化粧品が販売される容器のすぐ近くに告知がある場合、その告知。

その結果、クレームは英語のままでも構わないが、現地の文化や購買・意思決定プロセスによっては翻訳した方が賢明であり、クレームが一般消費者に明確に理解できない場合は影響を受ける可能性がある。 実際、すべてのヨーロッパ諸国で英語が堪能な人口がいるわけではない。

ラベリングに関するEUの国内規定

最終的には、法的拘束力のある国内規定がEU化粧品規則に追加されることになる。 フランス、イタリア、ベルギー、ドイツ、ルーマニア…… EU加盟国の多くは、表示要件に関する特定の規制を採用している。 このような問題は、たとえばASEANのような世界の他の地域でも起こるだろう。

BIORIUSがお手伝いできること

このように、EUと英国における化粧品表示要件は数多く、厳しく規制されている。 合法的な商品化には適合ラベルが必須であるため、ブランドはパッケージや容器が公式基準に従っていることを確認しなければならない欧州/英国レベルと現地国レベルの両方の規制を遵守することは必須である。 毎年のように新しい法律が採択され、ヨーロッパ各国の法律をすべて把握するのは複雑な作業だ。

欧州と英国におけるラベルの適合性チェックは、BIORIUSにお任せください。 さらに、BIORIUSがお客様の責任者である場合、当社の専門家が24時間365日体制で法的監視を行います。 さらに、サポートが必要な場合は、全国的な規定サービスも用意している。

エマ・ヴァルニエ

ビジネス開発担当者

emma.varnier@biorius.com

Author

  • Frédéric Lebreux

    Dr. Frédéric Lebreux is Biorius's Chief Executive Officer and has worked in the cosmetic industry for more than 13 years. He is regularly invited as a speaker or Professor to cosmetic events.

    View all posts