EUで新たに承認されたUVフィルター

欧州委員会は、消費者安全科学委員会(SCCS/1605/19)の結論に従い、メトキシプロピルアミノシクロヘニリデンエトキシエチルシアノアセテート(CAS番号1419401-88-9)のUVフィルターとしての使用を承認した。 我々の知る限り、この新成分は385nmのλmaxを持つ有望なUVAフィルターである。

欧州委員会規則 EU No 2020/1684 は、メトキシプロピルアミノシクロヘニリデンエトキシエチルシアノアセテートを EU 化粧品規則 N° 1223/2009 の付属書 VI の項目 32 に追加し、以下の使用条件を付した:

  • 最大濃度3%(すべての製品カテゴリーにおいて)
  • 吸入によりエンドユーザーの肺が暴露される可能性のある用途には使用しない。
  • 最大ニトロソアミン含有量:50 μg/kg
  • 亜硝酸塩を含まない容器で保管する

この欧州委員会規則(EU)2020/1684は、2020年12月3日に発効した。

バイオリウスは、変化の激しい厳しい規制環境に対応し、製品ポートフォリオのコンプライアンス状況を常に把握するお手伝いをいたします。 詳細はお気軽にお問い合わせください。

よろしく、

著者ステファニー・アネット、EU規制監督官

Author

  • Frédéric Lebreux

    Dr. Frédéric Lebreux is Biorius's Chief Executive Officer and has worked in the cosmetic industry for more than 13 years. He is regularly invited as a speaker or Professor to cosmetic events.

    View all posts