化粧品に含まれるペプチドとタンパク質:パート1

規制の内容と規制状況

化粧品に使われるプロテインやペプチドは、便利なことにそのような包括的な用語に分類されるからである。

コスメシューティカルズ(cosmeceuticals)」という言葉は、25年以上前にアルバート・クリングマン教授によって作られたもので、それ以来、急速に化粧品の辞書に載るようになった(グーグルで150万件以上ヒット)。 この用語は、基本的に「化粧品」と「医薬品」を縮めたものであるため、このような成分が皮膚の老化やその他の皮膚症状に対して医薬品のような効果を発揮することが期待されている。 従って、このような成分はある程度の生理作用を持ち、化粧品成分と医薬品有効成分の境界線を曖昧にしていることを意味する。

ナイアシンアミドは、化学的に定義された物質であり、皮膚のバリア機能の改善、皮膚の保湿、紫外線ダメージの防止、ニキビや炎症を緩和する抗炎症作用があり、化粧品に広く使用されている。

化粧品に含まれるペプチドとタンパク質:皮膚機能

このようなエキサイティングな機能と主張があれば、コスメシューティカルが健全な市場を享受しているのも不思議ではない。 Mordor Intelligence社の調査によると、北アメリカにおける化粧品市場は年平均8.24%増加し、2024年には180億ドルに達すると予想されている。

前述したように、コスメシューティカルは生理作用を付与する成分である。 これがタンパク質やペプチドの定義である。 具体的には、タンパク質やペプチドは、分子の錠を開ける鍵であり、その結果、最終的に観察可能な生理学的変化として現れる分子の変化をもたらすと考えることができる。 もっと簡潔に言えば、タンパク質とペプチドは、あなたをあなたたらしめるすべてを決定する。

私たちは生命のコードである遺伝子についてよく知っている。 しかし、遺伝子がその形質を発揮するための機能単位はタンパク質とペプチドである。 具体的には、それぞれの遺伝子からコードされるタンパク質は、目や皮膚におけるメラニン沈着のレベルを決定することによって、外見に影響を与える。 メラニンの沈着が多いほど、目や肌の色は濃くなる。 タンパク質によって決定されるもうひとつの特徴は、身体的な強さである。 筋収縮を可能にする筋原線維は、アクチン、ミオシン、タイチンと、それらをつなぎとめる他のタンパク質からなるフィラメントである。 抗体、サイトカイン、ケモカインはもともとペプチドやタンパク質であるため、免疫におけるタンパク質の役割も不可欠である。 多くの神経伝達物質がペプチドであるように、脳機能についても同じことが言える。

最後に、化粧品にとって最も興味深いことだが、ペプチドとタンパク質は、皮膚の構造と完全性において不可欠な役割を果たしている。 細胞外マトリックスのタンパク質であるエラスチンは、伸縮しても形状を維持することができる弾力性を皮膚に与えている。 フィラグリンは、皮膚の最外層である角質層において、表皮のホメオスタシスと皮膚のバリア機能の調節に不可欠である。 ケラチンが表皮に沈着すると、皮膚の防水と強度を担う。 エラスチンやケラチンと同様に、コラーゲンも肌の強さと弾力性を担っている。 皮膚の主成分であることから、その劣化は老化に伴うシワの原因となり、アンチエイジング治療の最も明白なターゲットとなる。 さらに、これらの皮膚構造タンパク質はすべて、表皮成長因子(EGF)や線維芽細胞成長因子(FGF)などの成長因子の制御下にあり、正常な生理的条件下では発現が厳密に制御されている。

INCIを読み解く – その名前には何が含まれているのか?

タンパク質とペプチドが、皮膚の健康において不可欠で、しばしば複雑な役割を果たすことは明らかであり、そのため、老化の悪化を逆転させることを目指す化粧品ブランドにとって、非常に魅力的なターゲットである。 しかし、これらのタンパク質をさらに理解し、その安全性をどのように評価するかについては、まず、これらのタンパク質が何なのか、どのように命名されたのか、これらの興味深い成分の規制状況はどうなっているのかを、より詳細なレベルで理解する必要がある。

簡単に言えば、タンパク質やペプチドをビーズの連なりと考えることができ、それぞれのビーズは22個のアミノ酸のうちの1つから構成されている。 これらのアミノ酸の配列によって、タンパク質やペプチドは非常に特異的な3次元コンフォメーションに折り畳まれる。 これらのコンフォメーションが、タンパク質のキーとなる機能を与えるのである。 特異的な形をした鍵(ペプチド)が、特定の鍵(細胞受容体)と相互作用してロックを解除し、最終的に何らかの生物学的機能(例えばコラーゲン合成の増加)として現れる分子間メカニズムのカスケードを導く。

タンパク質とペプチドの命名法は、最初は混乱するように見えるかもしれないが、むしろ単純で論理的である。 例えば、タンパク質は50個以上のアミノ酸配列であり、ペプチドは25個以上である。 そのため、タンパク質とペプチドの違いは大きさだけであり、ペプチドはより小さなタンパク質と考えることができる。

さらに、化粧品に使用されるペプチドやタンパク質のINCIを示す際には、ギリシャ語の修飾語接頭辞が使用される。 例えば、ジ、トリ、テトラ、ペンタペプチドは、アミノ酸の長さが2、3、4、5のペプチドを表す。 INCI opペプチドをさらに解読するために、INCIはまた、アミノ酸のユニークな配列を示す番号に置き換えられている。 例えば、ジペプチド-9はグルタミン酸とリジンの配列であり、ジペプチド-10はアラニンとヒスチジンの配列である。

さらに混乱させるのは、INCIにペプチドが受けたかもしれない化学修飾を示す接頭辞が追加されることである。 これらの化学修飾は通常、ペプチドの浸透性と安定性を改善するために行われる。

最後に、ペプチドはSH-(合成ヒト)またはRH-(組換えヒト)として指定されることがあるが、後者は化粧品規制EC 1223/2009で化粧品への使用が禁止されている。 これは、細胞培養に使用される試薬の多くが子牛胎児血清のようなウシの副産物由来であることから、哺乳類細胞培養から発生する可能性のあるヒト海綿状脳症や特定のウイルス疾患に関する懸念があるためである。 そのため、ヒト細胞から直接単離された遺伝子ではなく、ヒト遺伝子の合成されたコピーを出発遺伝子とするSH-ペプチドとタンパク質のみが、欧州市場で認められている。 INCIの例を以下に示す:

表1:化粧品に使用されるペプチドのINCIの例

高分子シーケンス
ジペプチド-9グル-リス
ジペプチド-10アラヒス
トリペプチド-9Asp-Lys-Val
トリペプチド-10Asp-Leu-Lys
パルミトイルトリペプチド-5パルミトイル-Lys-Val-Lys
アセチルトリペプチド-8アセチル-リス-バル-リス
SH-ポリペプチド-51大腸菌の発酵によって生産されるスーパーオキシドジスムターゼ。 出発遺伝子はヒト遺伝子の合成コピーである。
RH-ポリペプチド-51大腸菌の発酵によって生産されるスーパーオキシドジスムターゼ。 出発遺伝子はヒト細胞から直接単離される

アンチエイジング・ペプチド

したがって、皮膚の健康維持に関与する主要タンパク質の発現を変化させることによって皮膚の分子構造を変えることは、非常に望ましい結果である。 これは、皮膚タンパク質の発現を制御する複雑な経路に変化をもたらすことができる外因性(体内に導入されたものを意味する)ペプチドによって達成される。

簡単に説明すると、これは4つの異なるメカニズムによって行われる:プロセスに必要な微量元素の送達を改善する、生産を刺激する、筋肉の収縮を減少させる、老化に関連する酵素プロセスを抑制する。 アンチエイジング機能を謳い文句に、これらの異なるレベルで働く市販の原料が数多くある。 これらを以下に紹介する:

表2:抗老化分子作用モードを持つペプチドの例

化粧品に使われるペプチドの種類アンチエイジングのメカニズム
キャリアペプチド酵素プロセス(創傷治癒)に必要な微量元素の経皮デリバリーを改善する。銅ペプチド-GHK
シグナルペプチド線維芽細胞のコラーゲン産生、エラスチン、フィブロネクチン、ラミニンなどの増殖を刺激する。Syn®-coll(パルミトイルトリペプチド-5)
デコリニル™(テトラペプチド)

神経伝達物質阻害ペプチド
表情筋の収縮を抑え、結果としてほうれい線を目立たなくする(筋弛緩作用)アルジレリン®、バイアロックス®、シン®-アケ
酵素阻害ペプチド老化に関係する酵素を阻害する。グリシン大豆タンパク質(Pregen®)とセリシン

規制状況

ペプチドが化粧品に興味深い機能を提供することは明らかで、すでに市場に出回っているさまざまな原料は、表皮の厚みの増加、コラーゲンの産生増加、シワの減少などを示す美しい有効性研究によって裏付けられた、そのような効果を約束している。 出発遺伝子の起源に関する規制要件のいくつかについては、すでに触れた。 しかし、それだけでは終わらない。 実際、法律のほとんどは、これらのペプチドの機能(生理学的活性があることが示されているため)と、そのような効果が一般大衆にどのように伝えられ、認識されるかを中心に展開されている。

冒頭で述べたように、”cosmeceutical “という用語は議論の余地があると考えられている。なぜなら、成分は化粧品か医薬品としてしか認識されないからである。 簡単に説明すると、化粧品成分は「清潔にする、美化する、魅力を促進する、外観を変える」ことを目的とするものであり[FD&C法201(i)]、医薬品はFDAによれば「人の身体の構造または機能に影響を与える」ことを目的とするものである[FD&C法201(g)(1)]。 同様にEUでは、化粧品とは、清潔にする、香りをつける、外観を変える、体臭を改善する、保護する、良好な状態に保つなどの機能を持つものと定義されている。 医薬品とは、ヒトの疾病を治療もしくは予防する性質を有する物質、または生理機能を回復、修正もしくは変更する機能を有する物質と定義される。

したがって、化粧品と医薬品の違いは、その使用目的であることは明らかである。 では、使用目的はどのようにして確立されるのか? これは、製品の謳い文句、消費者の認識、そして成分がよく知られた治療用途を持っているかどうかによって行われる。 また、化粧品と医薬品の試験、登録、承認方法にはかなりの違いがあるため、化粧品ブランドが医薬品のような謳い文句や製品を避けたい理由についても強調しておく必要がある。 明らかな違いのひとつは、医薬品が上市される前に、前臨床試験や臨床試験を通じて安全性と有効性を確認するための重要な試験を必要とすることである。 このように、化粧品の用途にこだわることは、何百万ドルもの費用と何年もの開発期間を節約することになる。

クレーム

意図的使用は、製品の表示、広告、一般的なメディアを通じた説明という形で、製品によってもたらされる主張によって立証される。クレームは、その製品が化粧品であるにもかかわらず、医薬品であることを立証することができる。 疾病の治療や予防、人体の生理的構造および/または機能を変化させることを示すクレームは、医薬品を示すものである。 鎮静とメンテナンスという主張は、化粧品的な使用目的であると認識されている。 明確かつ断定的なクレームは医薬品クレームとみなされ、外観に関するクレームは以下に例示するように化粧品クレームとみなされる。 FDAのウェブサイトでは、医薬品の効能を表示した化粧品に対してFDAが発行したすべての警告状が公表されているので、さらなる例を見つけることができる。

表3:化粧品とそれぞれの薬効表示

化粧品クレーム医薬品の請求
「小じわの改善「小じわが消える
「ブツブツ肌、荒れた肌を落ち着かせる「ダメージを受けた肌を修復する
「ニキビ肌に適している「ニキビを治療する
「加齢によるシミが目立たなくなる「シミを防ぐ
「肌のハリを保つ「表皮の厚みを増す

消費者の認識

これには、消費者がなぜその商品を購入するのか、その商品に何を期待しているのかという発想が含まれる。 これもまた、製品を販売している企業の評判に左右される部分がある。 例えば、ある製品がニキビを治療・予防すると消費者に認識されるのは、その製品がどのような主張に基づいているか、どのように宣伝されているか、そしてその企業がどのように認識されているかに基づいている。 このように、クレームは使用目的だけでなく、消費者の認識にも大きな役割を果たしていることがわかる。

使用成分

特定の成分には治療用途が知られているため、化粧品であるにもかかわらず医薬品とみなされる場合があります。 フッ素が虫歯を予防することはよく知られている。 したがって、フッ化物配合歯磨剤は、米国ではクレームの有無にかかわらず医薬品とみなされる可能性があるが、EUでは一定の規定(0.15%制限とフッ化物の存在表示)があれば化粧品として認められている。

結局のところ、化粧品と医薬品は、主にその謳い文句に左右される使用目的に基づいて区別される。 ただし、化粧品ワーキンググループのボーダーライン製品に関するマニュアルに基づき、薬理活性を発揮して生理機能を回復、修正、変更する物質は、「表示によるもの」(上記のようなクレーム)、または「機能によるもの」で識別される。 後者は、「吸収、濃度、投与経路、適用頻度、適用部位、浸透の程度など、製品のあらゆる特性を考慮して評価」される。 これは、化粧品と医薬品が、謳い文句による使用目的だけでなく、毒性学的にも区別されることを示しているからである。 化粧品に使用されるペプチドは、すでに有望な抗老化活性を持つことが示されており、したがって生理学的な機能を有しているのだから。 しかし、それらが発揮する機能、そして潜在的な副作用は、謳い文句ではなく、むしろ科学と生物学によって決定される。

結論

結論として、ペプチドとタンパク質は、そのアンチエイジング活性を考えると、興味深い化粧品成分である。 ペプチドベースの化粧品原料はすでに市場に多数出回っており、さらに多くの原料が絶えず研究されている。 これまでのところ、これらの成分に関する規制は、遺伝子の起源と主張が主な内容となっている。 しかし、顕著な生理学的活性とのバランスが存在し、しばしば副作用を伴うため、調査する必要がある。 次のパートでは、特に動物実験が禁止された現代において、これらの次世代成分の安全性をどのように評価するかについて述べたい。 このような成分の評価は、化粧品の安全性を確保するためだけでなく、先に述べたように、このような興味深い最先端の成分について、化粧品と医薬品の区別をつける上で不可欠な情報となりうる。

記事
ボリス・クリボシエフ博士
プリンシパル・トキシコロジスト

Author

  • Frédéric Lebreux

    Dr. Frédéric Lebreux is Biorius's Chief Executive Officer and has worked in the cosmetic industry for more than 13 years. He is regularly invited as a speaker or Professor to cosmetic events.

    View all posts