Discover how the 2019 Omnibus Regulation impacts cosmetics, including new restrictions on Salicylic Acid and updates on prohibited substances.

フランス 2016年市場内コントロールキャンペーン報告

2017年6月23日、フランスの市場監視当局(DGCCRF)は、2016年に開始された、約8,000の化粧品と1,527の店舗を対象とした市場内規制キャンペーンに関する報告書を発表した。 BIORIUSが評価したすべての製品が、フランス当局によって安全で適合しているとみなされたことを誇りに思います。

管理された8,000の化粧品のうち、当局は表示に関する500以上のコンプライアンス問題を特定した。 さらに、約700の製品が分析されたが、その結果は驚くほど残念なものだった:37%が欧州の法令に準拠しておらず、15%が安全性に問題があった。 行政警察は188件の事件に介入し、罰金を科した。 100以上の製品に市場撤退が課され、16のケースで当局が在庫を押収、廃棄した。 フランス当局が評価した化粧品の22%が、少なくとも1つのコンプライアンス問題の影響を受けた。

些細なコンプライアンス問題(誤った成分リスト、法的情報の欠如、禁止成分の存在、規制書類の欠如など)だけでなく、いくつかの重要な点にも注意を払う必要がある:

主張 :

  • 誤解を招くような、化粧品ではない、あるいは適切に立証されていない主張は、フランス当局によって厳しく罰せられます。
  • 無香料」などの表示は、当局によって慎重に評価され、非常に特殊な場合(香料、香料成分、アレルゲンがまったくない場合)にのみ認められる。
  • パラベンフリー」といった謳い文句は非常に冷ややかに受け取られるので、避けるべきである。
  • 実際に製品に使用されている成分が非常に低濃度であることを強調する主張は、コンプライアンス上の重大な問題とみなされる。 同様に、ある成分の特性を何の根拠もなく製品に拡大する主張も違法である。
  • 化粧品を医薬品として紹介するような主張は、通常、深刻な問題につながる。

安全性と配合:

  • 使用制限成分の使用限度を超えると、当局によって簡単に検出され、通常は深刻な問題に発展する。
  • フランス当局は、化粧品中の重金属の存在に多くの注意を払っており、分析検査を積極的に実施することを推奨する。
  • フランス当局は、製品情報ファイルに製造方法が記載されていないことが多いと指摘している。 BIORIUSは、この情報が重要であり、書類を作成する際に自発的に提供されるべきものであることを再確認する。

最後に、フランス当局もいくつかの言語的問題を報告し、製品ラベルの(少なくとも一部の)フランス語翻訳の重要性を主張した。

2017年、フランス当局は2つの具体的な項目に焦点を当てることを決定した:

  • 化粧品の安全性評価(規制書類と安全性評価者の資格の評価)。
  • ナノ材料の管理(ナノ材料の分析定量、関連するCPNP通知および成分リストの検証)。

質問は?

Author

  • Frédéric Lebreux

    Dr. Frédéric Lebreux is Biorius's Chief Executive Officer and has worked in the cosmetic industry for more than 13 years. He is regularly invited as a speaker or Professor to cosmetic events.

    View all posts