Discover how the 2019 Omnibus Regulation impacts cosmetics, including new restrictions on Salicylic Acid and updates on prohibited substances.

フェノキシエタノールに関する素晴らしいニュース

EU委員会はSCCSに対し、フェノキシエタノールに関する科学的意見の提出を要請した。 この指令の条件は、「SCCSは、提供された情報を考慮し、最大濃度1.0%の防腐剤としてフェノキシエタノールを安全に使用できると考えるか」というものであった。

このSCCS意見は昨日EU委員会から発表され、それによると、フェノキシエタノールの使用量は1%にとどまる可能性が高い。 実際、この意見書の主な結論は、「SCCSは、提供された情報を考慮し、2フェノキシエタノールを最大濃度1.0%の防腐剤として使用しても安全であると考える」というものである。

現在、協議期間が開かれているが(フランスはこの意見に対する失望を共有することができる)、フェノキシエタノールに関する現在の規制の進展はここで打ち止めになると予想される。
コメントの締め切りは2016年5月31日。

質問は?

Author

  • Frédéric Lebreux

    Dr. Frédéric Lebreux is Biorius's Chief Executive Officer and has worked in the cosmetic industry for more than 13 years. He is regularly invited as a speaker or Professor to cosmetic events.

    View all posts