オムニバスVIレギュレーション発表

オムニバスVIレギュレーションが発表された。 これは、ヨーロッパでCMRに分類される30種類の成分を化粧品から禁止するというものである。

オムニバスVI規制:化粧品業界は、マルゴサエキス、テオフィリン、五酢酸五ナトリウム、五酢酸、トリメチロールプロパントリアクリレート、ベンゾフェノンとクメン(いずれも主に香料成分として使用されるか、香料成分に含まれる)の禁止によって大きな影響を受ける。 このインフォメーションレターの付属文書には、影響を受けるすべての物質が列挙されており、主な化粧品成分は黄色で強調表示されている。

申請期限は2023年12月1日。 つまり、この日以降、これらの成分を含む製品は市場に出回らないということだ。

このトピックに関するご質問は、いつでもお気軽にお寄せください。 ご不明な点がございましたら、CRM カスタマー・リレーションシップ・マネージャー)までお気軽にお問い合わせいただくか、info@biorius.com まで直接ご連絡ください。

この記事を書いてくれたステファニー・アネに感謝する。

規制に関する記事やニュースをより充実したものにするため、記事の下にあるサムズアップ/サムズダウンボタンを利用して、ご意見をお寄せください。 ご意見は匿名とさせていただきます。

Author

  • Frédéric Lebreux

    Dr. Frédéric Lebreux is Biorius's Chief Executive Officer and has worked in the cosmetic industry for more than 13 years. He is regularly invited as a speaker or Professor to cosmetic events.

    View all posts