ブチルパラベンのREACH規則候補リストへの掲載について

EUでは、内分泌かく乱物質に関連するいくつかの規制の動きがあります。その中でも、ECHA(欧州化学物質庁)の委員会は、内分泌かく乱物質の疑いがあり、人の健康や環境に深刻な影響を与える可能性がある成分を審査する義務を負っています。

この点で検討された最初の重要な化粧品成分は、ブチルパラベン(Butylparaben)でした(現在のところ欧州化粧品規則では、最終製品の0.14%までに制限されています)。内分泌かく乱作用があることから、ECHAリスクアセスメント委員会は、2020年6月25日に候補リストに加えることを決定しました。このリストには、最終的にREACH認可リスト(Annex XIV)に掲載される候補となるすべての物質が含まれています。認可リストに掲載されると、企業は、これらの特定化学物質を継続して使用するための許可を、期日以降は申請しなければなりません。候補リストに追加された成分には明るい未来はなく、数年後にはほぼ禁止されたり、厳しく制限されたりします。注目すべきは、シクロペンタシロキサン(D5)、シクロテトラシロキサン(D4)、シクロヘキサシロキサン(D6)もこのリストに報告されていることです。

したがって、BIORIUSは、ブチルパラベンを使用している化粧品ブランドが、その段階的な廃止を計画し、適切な代替品を特定することを推奨します。

Any questions?

ニュースレター購読

お問い合わせ

Rue Joseph Wauters, 113
7170 Manage, Belgium

+32 2 888 40 10
+44 20 3866 1208

info@biorius.com

Google Maps

© Copyright - 2008 – 2021 BIORIUS