Discover how the 2019 Omnibus Regulation impacts cosmetics, including new restrictions on Salicylic Acid and updates on prohibited substances.

EUにおけるタゲテス(erecta,minuta,patula)規制

Tagetes erecta (CAS 90131-43-4)、Tagetes minuta (CAS 91770-75-1, 8016-84-0)、Tagetes patula (CAS 91722-29-1, 8016-84-0)の抽出物およびオイルは、香水で使用される多くの香料化合物の香り成分として広く使用されている。 さらに、化粧品に「そのまま」使用することもできる。 これらの植物の一般名はマリーゴールドで、そのエキスは青リンゴを連想させる、力強いフルーティグリーンを基調とした甘いハーブの香りがする。

これらの成分は光毒性の可能性があるため、消費者安全科学委員会(SCCS)によって評価されています。 産業界とのさまざまな情報交換を経て、SCCSは科学的見解をまとめた。 これに基づき、欧州委員会は欧州加盟国とともに一連のリスク管理策を検証した:

  • タゲテス・エレクタ(花エキスおよび花油)は化粧品への配合が禁止され、欧州化粧品規制EC No 1223/2009の附属書IIに追加される。
  • Tagetes minutaとTagetes patula(花エキスと花油)は以下のように規制され、規制の附属書IIIに追加される:
    • リーブオン製品に最大0.01
    • 洗い流し用製品に含まれる最大0.1
    • 日焼け止め製品および自然/人工紫外線にさらされることを目的として販売される製品への使用禁止
    • 純度の基準抽出物/オイル中のα-ターチエニル(ターチオフェン)含有量 0.35 %以下
    • Tagetes minuta と Tagetes patula の両方を同じ製品に使用する場合、Tagetes の合計含有量は、上記の最大濃度制限を超えないものとする。

この新たな改正(EU No 2018/978)は、欧州連合官報に掲載されてから20日後、すなわち2018年7月30日(月)に施行される。 ただし、移行期間は認められる:

  • 2019年5月1日以降(9ヶ月後以降)、本規則に準拠した化粧品のみがEU市場に出回ることとなる(つまり、この日以降、非準拠の化粧品は市場に出回らない)。
  • 2021年8月1日(1年後以降)からは、この規則に適合した化粧品のみがEU市場に出回ることになる(つまり、この日までに非適合製品は市場から撤去される)。

ご注意 これらの成分は香料にも使用されており、また香料は伝統的に企業秘密で保護されているため、お客様(およびBIORIUS社)は製品にTagetesが含まれていることに気付かない可能性があります。 従って、貴社のフレグランス供給業者に通知し、移行期間終了後も貴社のフレグランスが欧州化粧品規制に適合していることを確認することを強くお勧めします。

質問は?

Author

  • Frédéric Lebreux

    Dr. Frédéric Lebreux is Biorius's Chief Executive Officer and has worked in the cosmetic industry for more than 13 years. He is regularly invited as a speaker or Professor to cosmetic events.

    View all posts