EU Fluorinated Greenhouse Gases Regulation (EU)

EUフッ素系温室効果ガス規制(EU)2024/573が2024年初頭に公表

BIORIUSインフォメーションレター128号(このインフォメーションレターはインフォメーションレター124号に続くものです:)化粧品におけるフッ素系温室効果ガスの使用禁止、規則(EU)2024/573が2024年初頭に発表された。 コンプライアンスの締め切りはかなり厳しい:

指令(EU) 2019/1937を改正し、規則(EU) No 517/2014を廃止する、フッ素化温室効果ガスに関する2024年2月7日付欧州議会および理事会規則(EU) 2024/573が採択され、2024年2月20日付の官報に掲載された。

規制遵守の期限はかなり厳しい。

禁止事項

フッ素系温室効果ガスを含むパーソナルケア製品(例:ムース、クリーム、フォーム、液体、スプレー)に対応する製品および機器(その部品を含む)の市場は、2025年1月1日から禁止される。

この禁止令は、規制の附属書I、II、III(便宜上このインフォレターの最後に記載)に記載されているすべてのフッ素系温室効果ガスに適用される。

移行期間

禁止期限から1年後、2025年1月1日以前に合法的に上市された製品または機器について、有償または無償で連合域内の別の当事者に後続供給または利用可能にすることは、当該製品または機器が1月1日以前に合法的に上市されたという証拠が提供された場合に限り認められるものとする。2025

ご不明な点がございましたら、担当のカスタマー・リレーションシップ・マネージャーまでお気軽にお問い合わせください。

Author

  • Frédéric Lebreux

    Dr. Frédéric Lebreux is Biorius's Chief Executive Officer and has worked in the cosmetic industry for more than 13 years. He is regularly invited as a speaker or Professor to cosmetic events.

    View all posts