欧州および英国における洗剤の販売

ヨーロッパで洗剤の販売を始めたいとお考えですか?

さて、規制の専門家であるバイオリウスは、この問題についても完全にお手伝いすることができます。

ちなみに、ヨーロッパで販売するためには、洗剤は規格に適合していなければならない:

  • 洗剤規制648/2004
  • CLP規則1272/2008
  • REACh規則1907/2006
  • 殺生物性規制 528/2012 (製品の特性による)

EUの洗剤は、実に4つの規制(どの規制が関係するかは、各洗剤製品によって異なります)に左右されます:

私たちのサービスの第一部では、3つの重要な事項を遂行する:

1.CLP(分類表示包装)分類:

  • SDS(安全 データ シート)データおよび物質データベースから、混合物中に存在する各物質の分類(危険性)を検証する。
  • 製品の分類(危険有害性の判定)
  • 製品への必須ピクトグラムの決定
  • 製品に必須のハザード、リスク、予防フレーズの決定
  • すべてのEU言語(およびそれ以上)の翻訳が可能です。
  • ポイズン・センター・ノーティフィケーション(PCN)の必要性を判断し、必要であれば証明書の有無を確認する。

2.REACh

  • 製品に含まれる物質が、洗剤タイプの製品に含まれる物質の制限または禁止を意味するリストに登録されていないことを確認する。

3.洗剤:

  • 活性物質の生分解性情報の検証
  • リン酸塩の有無の確認(洗剤の種類によって必要な場合)
  • ラベル上の組成の検証(CLPラベルに加えて)

第2部(またはリスクアセスメント)では:

  • 各物質に関連するリスクの種類を決定する
  • 各物質について、人の健康に対するリスクが管理されていることを確認する。 この評価は、ケースによって質的なものと量的なものがある。 定量的な場合は、AISE(国際 石鹸・洗剤・メンテナンス製品協会)の方法を用いている。

リスクアセスメントの部分には環境アセスメントがないことに注意してください。 生分解性チェックと分類の対象であると考えられる。

少し複雑に見えるかもしれないが、BIORIUSは洗剤の完全な規制プロセスをサポートすることができる:

  • フォーミュラ・レビュー
  • リスク評価
  • ラベルとクレームの見直し、
  • SDS(安全 データ シート)の作成(入手できない場合)。
  • PCN(Poison Centre Notification)通知は必ずしも必要ではない(洗剤製品によって異なる)。
  • 貴社がEUおよび/または英国に拠点を置いていない場合、洗剤の「認定代理人」も必須となります。 必須 .
  • バイオリウスは、お客様のEUおよび/または英国の認定代理店にもなることができます。

ブレグジット以降、「英国認定代理人」(英国内に事務所を持つ)が法的義務となり、完全に義務化されたことにご留意ください…もちろん、バイオリウスもお客様の英国認定代理人になることができます。

ブレグジットによって、他にもいくつかの重要な事柄が変わった:

  • EUに反して、分類された製品のポイズンセンター通知は現在、英国でのみ任意であり、義務はない まだ
  • UFI番号は英国では適用されないが、いずれにせよ表示することができる。

洗剤に関する詳細やご相談は、お気軽にお問い合わせください。

ニコラス・レナース

ビジネス開発担当者

nicolas.lenaers@biorius.com

Author

  • Frédéric Lebreux

    Dr. Frédéric Lebreux is Biorius's Chief Executive Officer and has worked in the cosmetic industry for more than 13 years. He is regularly invited as a speaker or Professor to cosmetic events.

    View all posts