EU Fluorinated Greenhouse Gases Regulation

EUのフッ素系温室効果ガス規制-化粧品への将来的な使用禁止

BIORIUS インフォメーションレター 124:EU理事会、フッ素系温室効果ガス規制の新規制案に合意。

EU理事会は、指令(EU) 2019/1937を改正し、規則(EU) No 517/2014を廃止する、フッ素系温室効果ガスに関する欧州議会および理事会規則案の新文章に合意した。 この文章は、2023年3月に国会に提案された文章を修正したものである。

この規制プロジェクトは、2023年3月のEU議会での第一回読会で一部採択された。 しかし、議会は当初の規制案に多くの大幅な修正を加え、EU理事会レベルで再議論されている。 2023年10月19日、EU理事会レベルで、EU議会の修正案を盛り込んだ修正文書が合意され、この新規制案は近日中にEU議会に再提出され、採択される予定である。

禁止事項

間もなく採択投票に付される新文書の中で、化粧品に影響するいくつかの重要な変更点に注目する価値がある。 変更点は以下の通り。 要するに、規制案は次のように述べている:

フッ素系温室効果ガスを含むパーソナルケア製品(例:ムース、クリーム、フォーム、液体、スプレー)に対応する製品および機器(その部品を含む)の市場は、2025年1月1日から禁止される。

この禁止措置は、規制案の付属書I、II、IIIに記載されているすべてのフッ素系温室効果ガスに適用される(便宜上、本情報レターの末尾に記載)。

移行期間

禁止期限から1年後、2025年1月1日以前に合法的に上市された製品または機器について、当該製品または機器が当該期限以前に合法的に上市されたという証拠が提出された場合に限り、当該製品または機器を有償または無償で連合内の別の当事者に供給すること、または当該製品または機器を利用可能にすることが認められる。

規制遵守の期限はかなり厳しくなるため、市場に出す完成品に含まれる可能性のあるフッ素系温室効果ガスをできるだけ早く交換することを強くお勧めします。

附属書 IL-124 – 化粧品におけるフッ素系 GHG の禁止:

このトピックに関するご質問は、いつでもお気軽にお寄せください。 ご不明な点がございましたら、担当のカスタマー・リレーションシップ・マネージャーまでお気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ

*」は必須フィールドを示します

販売したいもの*
当社のサービスを知った経緯:*
このフィールドは入力チェック用です。変更しないでください。

Author

  • Frédéric Lebreux

    Dr. Frédéric Lebreux is Biorius's Chief Executive Officer and has worked in the cosmetic industry for more than 13 years. He is regularly invited as a speaker or Professor to cosmetic events.

    View all posts