ブチルヒドロキシトルエン(BHT)に関するSCCSの見解

はじめに

2018年11月7日、欧州委員会は、内分泌かく乱作用(ED)を有する物質に関する化粧品に関する規則(EC)No 1223/2009(化粧品規則)の見直しを採択しました。

欧州委員会は、消費者安全科学委員会(SCCS)による安全性評価のために、28の潜在的なEDの優先リストを作成しました。

BHTに関するSCCSの見解

BHT (Butylated hydroxytoluene) (CAS No 128-37-0, EC No 204-881-4) は優先リストに含まれており、消費者安全科学委員会(SCCS)は2021年12月2日にBHTに関する意見を発表しています。

SCCSは、安全性評価に基づき、BHTの潜在的な内分泌かく乱作用に関する懸念を考慮し、BHTは「以下の最大濃度まで成分として安全である」との見解を示しています:

  • 歯磨き粉:0.1%
  • 洗口液:0.001%
  • その他のリーブ・オン、リンス・オフの化粧品:0.8%

欧州委員会は現在、SCCSの見解で言及された「最大含有率」を欧州化粧品規則の付属書IIIに含めるための規則(EC) No 1223/2009の改正を起草中です。

この規制案の適用時期についてはまだ検討中ですが、以下のように短くなる可能性があります:

  • 適合製品の上市:6ヶ月
  • 非適合製品の市場回収:12ヶ月

詳しくは、担当のアカウント・マネージャーにお問い合わせください。

ニュースレター購読

お問い合わせ

Avenue Leonard de Vinci, 14
1300 Wavre, Belgium

+32 2 888 40 10
+44 20 3866 1208

info@biorius.com

Google Maps

© Copyright - 2008 – 2021 BIORIUS