内分泌かく乱物質(EDCs)に関する欧州規制の動向

WHOは、内分泌かく乱物質を「内分泌系の機能を変化させ、その結果、無傷の生物、その子孫、または(亜)集団に健康への悪影響を引き起こす外因性の物質または混合物」と定義しています。この定義は欧州連合(EU)でも維持されており、EUではこれらの物質をより適切に規制するために様々な取り組みを始めています。

最初の重要な取り組みは、欧州委員会が行う「適性検査」です。内分泌かく乱物質は複数の法律で規制されており、その目的は、これらの異なるアプローチの一貫性を分析し、考えられるギャップと相乗効果を特定し、人の健康と環境に対する総合的な影響を評価することにあります。2020年3月にはパブリック・コンサルテーションが終了し、これに基づいて規制案が作成される予定です。この取り組みは、長期的には本格的な法改正につながる可能性があります。

これと並行して、内分泌かく乱作用があると疑われるいくつかの特定物質の毒性評価が欧州委員会によって開始されています。これら進行中のイニシアチブの中で、消費者安全科学委員会(SCCS)は、いくつかの疑わしい化粧品成分の安全性を評価し始めました。

  • 現在、非常に優先度の高い5つの物質が検討されています(2020年2月に、9ヶ月以内に科学的意見を出すことをSCCSは義務付けられました):
    • Benzophenone-3/Oxybenzone (CAS 131-57-7)
    • Propylparaben (CAS 94-13-3)
    • Resorcinol (CAS 108-46-3)
    • Octocrylene (CAS 6197-30-4)
    • Homosalate (CAS 118-56-9)
  • 2021年には、以下の優先度の高い9物質がレビューされます:
    • Kojic acid (CAS 501-30-4)*
    • 4-Methylbenzylidene camphor/4-MBC (CAS 36861-47-9)*
    • Triclosan (CAS 3380-34-5)*
    • Triclocarban/TCC (CAS 101-20-2)*
    • Butylated Hydroxytoluene/BHT (CAS 128-37-0)
    • Benzophenone (CAS 119-61-9)
    • Benzyl salicylate (CAS 118-58-1)
    • Genistein (CAS 446-72-0)*
    • Daidzein (CAS 486-66-8)*
  • 優先度の低い14物質(環境への影響が懸念されるだけで、欧州化学物質庁(EHCA)で検討されるか、SCCSですでに安全性が確認されている物質):
    • Butylparaben (CAS 94-26-8)**
    • Butylated Hydroxyanisole/BHA (CAS 25013-16-5)
    • Ethylhexyl methoxycinnamate(EHMC)/Octinoxate (CAS 83834-59-7)
    • Benzophenone-1 (CAS 131-56-6)
    • Benzophenone-2 (CAS 131-55-5)
    • Benzophenone-4 (CAS 4065-45-6)
    • Benzophenone-5 (CAS 6628-37-1)*
    • Methylparaben (CAS 99-76-3)
    • Cyclopentasiloxane/D5 (CAS 541-02-6)**
    • Cyclomethicone (CAS 69430-24-6/556-67-2/541-02-6/540-97-6)**
    • Salicylic acid (CAS 69-72-7)
    • Butylphenyl methylpropional/BMHCA (CAS 80-54-6)**
    • Triphenyl phosphate (CAS 115-86-6)
    • Deltamethrin (CAS 52918-63-5)*

* これら成分は、現在では化粧品に使用されていない(またはほとんど使用されていない)。

** これら成分は、本評価が行われる前に、おそらく禁止または厳しく制限されるでしょう (Butylparaben, Butylphenyl methylpropional, Cyclopentasiloxane).

これら科学的見地に基づいて、化粧品への該当成分の使用を禁止または制限することを目的とした規制案が作成される可能性があります。5つのファースト・サイエンティフィック・オピニオンは、コロナ禍の例外的な状況が和らげば、2021年1月までに最終決定されるべきである(9物質の安全性データ提出期限が2021年1月15日に延期されたことは、業界内ですでに知らされています)。現段階では、SCCSによる科学的レビューの結果(および一部の成分が安全と判断されない場合に欧州委員会が付与する移行期間)を予見することはできません。

Any questions?

ニュースレター購読

お問い合わせ

Rue Joseph Wauters, 113
7170 Manage, Belgium

+32 2 888 40 10
+44 20 3866 1208

info@biorius.com

Google Maps

© Copyright - 2008 – 2021 BIORIUS