化粧品に関する、EU指令 2019/904とEU規則 2020/2151の影響について

ウェットティッシュへの新たな表示義務化が目前に迫る

プラスチック汚染が自然生息地に及ぼす影響は、誰の目にも明らかです。島のようになった太平洋上のプラスチックゴミの渦や、浜辺に散乱するプラスチックの破片を思い浮かべてみてください。この地球規模の緊急事態に鑑み、欧州ではようやくEU指令 2019/904を発効させ、必要な変化を起こす方向に進み始めました。

使い捨てプラスチック(Single-Use Plastic 【SUP】)指令としても知られる本指令の目的は、プラスチック廃棄物や、それに伴う環境・人間の安全性への悪影響を削減し、革新的で持続可能な循環型経済への移行を促進することにあります。

第2条によると、本指令は、使い捨てのプラスチック製品、酸化型分解性​プラスチックを使用した製品、プラスチックを使用した漁具に適用されます。 では、この規定は、化粧品にどのような影響を及ぼすのでしょうか

使い捨てプラスチック製品の定義とは?

まず、「使い捨てプラスチック製品」とは何か:第3条2項では、以下のように定義されています。

「全体または一部がプラスチック製で、その製品の寿命内で、再充填するために生産者に返却されたり、または設計時と同じ目的のために再使用されることにより、複数回の移動、またはサイクルを達成するために、構想、設計、上市のいずれもがなされていない製品」と定義されています。 つまり、使い捨てプラスチック製品は、一度だけ、もしくは非常に短い期間だけ使用され、その後は廃棄されるように設計されています。綿棒やストロー以外にも、プラスチック製のスプーン・フォーク類、皿、食品容器、そしてウェットティッシュもこれに該当します。

どのウェットティッシュが本指令の対象となるか?

本指令に記載されているように、ウェットティッシュは、あらかじめ湿らせたパーソナルケア製品で、フェイスマスクもこのカテゴリーに含まれる可能性があります。 一度だけ使用するように設計され、プラスチックを含み、あらかじめ濡らせたパーソナルケア製品はすべて本指令の対象に含まれます。

関係する製品カテゴリーの明確化については、SUP指令に関する次回のEUガイドライン(指令12条)で様々な例を挙げて行われる予定です。

ウェットティッシュに関するEU指令 2019/904の主な影響:マーキング要件

ウェットティッシュは、本指令の3つの異なる条文の影響を受けますが、そのうち、化粧品に対する将来の影響について最も意味のあるものは第7条で、そこでは以下のように定められています。

EU加盟国は、付属書パートDに記載されている使い捨てプラスチック製品を上市する際に、消費者に以下の事項を周知するため、はっきりと目立ち、読み取れる、そして消えないマーキングをパッケージまたは製品自体に付けなければならない

(a)        廃棄物ヒエラルキーに沿った、その製品の適切な廃棄物管理オプション、またはその製品で回避すべき廃棄物処理手段。そして、

(b)        製品にプラスチックが含まれていること、および製品のポイ捨てやその他の不適切な廃棄手段が環境に与える悪影響。

なお、表面積が10cm2未満のパッケージについては、マーキングを必要としないものとする。

このように、この指令の主な影響としては、次のマーキングとラベリング要件にあることが理解できます。すなわち、①プラスチックの存在と適切な廃棄方法を報告すること、②製品が正しく廃棄されなかった場合の悪影響を強調すること、です。

マーキングの表示方法:EU規則 2020/2151で定められたルール

2020年12月17日付のEU規則 2020/2151では、使い捨てプラスチック製品に使用されるマーキング仕様:位置、サイズ、デザインなどの詳細を示しています。

この規則は、2021年7月3日からすべてのEU加盟国で適用されます。ただし、2022年7月4日以前に上市されたウェットティッシュのパッケージでは、ステッカーによってマーキングを貼付することができるという緩和措置が定められています。

ウェットティッシュのパッケージに表示すべき印刷マーキングは以下の通りです:

マーキングの情報文は、使い捨てプラスチック製品が上市されるEU加盟国の公用語でなければなりません。

マーキングの仕様(位置、サイズ、色など)は、付属書 I に記載されています。

本指令によるその他影響

その他、考慮すべき条文は、第8条3項と第10条の2つです。これらの条文は相互に関連しており、その影響はウェットティッシュや他の製品の生産者にも直接及びます。EU加盟国は、この種の使い捨てプラスチック製品の生産者が、以下のようなコスト負担をすることも定めています:

  • 啓発活動(第10条を参照)
  • ポイ捨てゴミの清掃、輸送、処理
  • EC 指令 2008/98、第8条a1項ポイント(c)に準拠したデータの収集と報告

これらの措置は、「拡大生産者責任」として知られています。

また第5条も、化粧品に影響を与えるかもしれません。この条文では、特定の使い捨てプラスチック製品(ウェットティッシュはこの条文の対象外)について、EU加盟国での上市を禁止しなければならないとしています。さらに、酸化型分解性​プラスチック製製品につては、禁止されるカテゴリーが存在します。 製品が酸化型分解性​プラスチックで作られている場合、この条項が適用されるため、今後は避けなければなりません

なお本指令によると、酸化型分解性​プラスチックの定義は次の通りです:

「酸化によってプラスチック材料が微細な断片に分解されたり、化学的に分解されたりするような添加物を含むプラスチック材料。」 しかし、酸化型分解性​プラスチックを使用した製品は、ほとんどがショッピングバッグやラップなどのパッケージであるため、化粧品会社にはほとんど影響がないと考えられます。

結論

結果として、化粧品ブランドは、今回のEU指令 2019/904の影響を受けることになるでしょう。

  • ウェットティッシュのような使い捨てプラスチック製品を販売する場合、EU規則 2020/2151に規定されたマーキングとラベリング要件が適用されます。このマーキングは、2021年7月3日から表示しなければなりません
  • また、酸化型分解性​プラスチックで作られた使い捨てプラスチック製品の販売は、禁止されます。

Davide Musardo
Davide Musardo

Safety Assessor & Regulatory Expert

Annex I: Harmonized Marking Specifications for Wet Wipes

Here is reported the full text of Annex II from Commission Regulation 2020/2151, published on the Official Journal of the European Union, covering the rules and specification for marking of wet wipes:

1 – Packaging of wet wipes (i.e. pre-wetted personal care and domestic wipes), with the surface area of 10 cm2 or more, shall bear the following printed marking:

Note: the black line bordering the marking is not part thereof. Its only purpose is to show the thin white line bordering the marking against the white page.

By way of derogation from the first sentence of this point, the marking of packaging of wet wipes placed on the market before 4 July 2022 may be affixed by means of stickers.

2 – The marking shall comply with the requirements laid down in this point.

(a) Position of the marking

The marking shall be placed horizontally on the external front or top surface, whichever is more clearly visible, of the packaging.

Where the marking of the minimum size cannot fit in its entirety on the external front or top surface of the packaging, it may be placed partly on two sides of the packaging, i.e. top and front, or front and side, whichever is more clearly visible.

Where it is not possible to place the marking horizontally due to the shape or size of the packaging, it may be rotated 90° and placed vertically.

The boxes of the marking shall not be separated.

When opening the packaging in accordance with any instructions, the marking should not be torn or made illegible.

(b) Size of the marking

The marking shall be composed of two equal-sized red and blue boxes, which are placed next to each other, and a rectangular black box containing the information text ‘PLASTIC IN PRODUCT’ placed below the two equal-sized boxes. The ratio between the height and length of the marking shall be 1:2.

Where the area of the external front or top surface of the packaging on which the marking is placed is less than 65 cm2, the minimum size of the marking shall be 1,4 cm by 2,8 cm (3,92 cm2). In all other cases, the marking shall cover at least 6 % of the surface area on which it is placed. The maximum required size of the marking shall be 3 cm by 6 cm (18 cm2).

(c) Design of the marking

The design of the marking shall be reproduced without adding any effects, adjusting the colours, retouching or extending the background. The marking shall be reproduced at a minimum resolution of 300 dots per inch when printed in actual size. The marking shall be bordered by a thin white line.

The information text ‘PLASTIC IN PRODUCT’ shall be in upper case and in Helvetica Bold font. The font size shall be a minimum of 5 pt and a maximum of 14 pt.

Where the information text is translated into another or several official languages of the Member States, the translated information text shall be placed either close below the marking, or inside the rectangular black box below the first language, and shall be in both cases clearly visible. In exceptional cases due to spatial constraints on the external front or top surface of the packaging, the information text translated into another or several official languages of the Member States may be placed elsewhere on the packaging as close as possible to the marking and where it is clearly visible. The translated information text shall be in upper case and in Helvetica Bold font. The font size shall be a minimum of 5 pt and a maximum of 14 pt. Where the information text in additional languages is placed in the rectangular black box, derogations from the maximum required size of the marking are possible. The colours having the following colour codes shall be used: — White: C = 0 / M = 0 / Y = 0 / K = 0 — Black: C = 0 / M = 0 / Y = 0 / K = 100 — Red: C = 0 / M = 90 / Y = 60 / K = 0 — Blue: C = 60 / M = 0 / Y = 0 / K = 0.

Annex II: National Specificities Covering Wipes

  • France: following the publication of the Directive, a group of cosmetic and personal care associations in France has issued a recommendation of good practices to harmonize the wet wipes labelling.  For instance, it is recommended to not put wipes on the market claiming that they can be thrown in the toilet, because by its nature, only toilet paper can be thrown into the toilet; it is advisable to affix on the packaging the pictogram of “do not dispose of in the toilet”. The term biodegradable can be used only if wipes have specific characteristics: a decomposition degree which is assessed in respect of the time required for the degradation; wipes should be compliant with the standard EN 13432 (2000) or equivalent tests: OECD tests: Easy biodegradability 301 A, DOC removal test; 301 B, CO2 evolution test; 301 F, Manometric Respirometry.
  • UK: CTPA, the Cosmetic Toiletry and Perfumery Association, has issued a guidance for environmental claims, including wipes. The claim “flushable” can be used only for wipes specially designed for this purpose; in all other cases it should be avoided, and wipes must be thrown away properly. This information should be made clear to consumers.

Annex III: Some Additional Notes

  • Where the Directive conflicts with Directive 94/62/EC (Packaging and Packaging Waste Directive) or 2008/98/EC (EU Waste Framework Directive), the single-use plastic Directive shall prevail.
  • As mentioned before, examples of categories of wet wipes covered by the Directive (EU) 2019/904 will be given by the forthcoming Commission Guidelines, with guidance on whether to include or exclude certain products from the scope of the SUP Directive. Face masks, make-up wipes are expected to fall under this Directive.
  • Since the actual definition of “plastic” reported into the Directive does not give specific boundaries and it could also cover materials like viscose and lyocell, clarifications are expected also on this point via Guidelines from the European Commission.

References

Clarification of plastics definition for the uptake of cellulose fibres in Europe’s bioeconomy. Joint Document of AISE, CEPI, CIRFS, EDANA, EURATEX, April 2020.

Commission Implementing Regulation (EU) 2020/2151 of 17 December 2020 laying down rules on harmonised marking specifications on single-use plastic products listed in Part D of the Annex to Directive (EU) 2019/904 of the European Parliament and of the Council on the reduction of the impact of certain plastic products on the environment.

CTPA Environmental & Green Claims, July 2020.

Directive (EU) 2019/904 of the European Parliament and of the Council of 5 June 2019 on the reduction of the impact of certain plastic products on the environment.

Lingettes Imprégnées – Recommandation de Bonnes Pratiques – Joint Document of AFISE, COSMED, FCD, FEBEA, FMB, June 2019.

Photo Credits

ニュースレター購読

お問い合わせ

Rue Joseph Wauters, 113
7170 Manage, Belgium

+32 2 888 40 10
+44 20 3866 1208

info@biorius.com

Google Maps

© Copyright - 2008 – 2021 BIORIUS