化粧品成分

化粧品に配合されている成分の安全性は確かですか?特定の情報を化粧品のマーケティングクレームとして使用できますか。化粧品成分について規制当局の支援が必要ですか。

BIORIUSの毒性学エクスパートがお手伝いいたします。

成分の安全性評価

レポートの種類

成分安全性評価報告書には3種類あります。

  • 概要報告書
  • 簡易報告書
  • 完全報告書

安全性評価概要報告書は、各エンドポイントの結論としての役割を果たします。

簡易報告書には、各成分の簡単な説明と、各エンドポイントで利用可能な最も信頼性の高い研究の詳細が簡潔に記載されています。

完全報告書では、成分とその毒性学的データが記載されています。各エンドポイントについて、いくつかの研究が詳細に記載されています。文献に成分の毒性学的データがない場合は、予測毒性学的評価が行われます。データのギャップを埋めるために、インシリコツール(QSAR – 定量的構造活性相関)、リードアクロスアプローチ、TTC(Threshold of Toxicological Concern)などが使用されています。完全報告書には、曝露評価、特性評価、リスク管理に関する情報も記載されています。

有害性プロファイル

BIORIUSでは、文献に掲載されている毒性学的データのレビューを実施しています。関心のある各毒性学的エンドポイントは、以下の観点から評価されます。

  • 急性毒性
  • 局所的な影響:眼刺激性、皮膚刺激性、皮膚感作性、光毒性(日光にさらされた場合)
  • 繰り返し投与の毒性
  • 遺伝毒性
  • 発がん性
  • 生殖・発達毒性
  • 薬物動態(経皮吸収を含む)

曝露評価/リスク特性

消費者の安全を確保するために、私たちは安全性マージン(MoS)を適用して、その成分の使用に関連する全身毒性リスクを評価しています。MoSは、成分の危険性と消費者の曝露量の比率を示します。比率が高いほど、消費者は潜在的な全身的影響から保護されます。

その成分に対する消費者の曝露の評価は、製品カテゴリーごとに行うこともできますし、製品とその特定の特性に合わせて行うこともできます。消費者の曝露は、製品に含まれる成分の濃度と製品の使用状況に左右されます。

成分が皮膚感作性物質であることが判明した場合、QRA法が適用され、製品または製品カテゴリーにおける成分の許容最大濃度が特定されます。

これらの毒性学的な結果から、特定の化粧品または製品カテゴリーの成分の安全性に関する結論を導き出すことができます。

成分を含む原材料の製造方法や毒性学的データは、安全性評価に役立ちます。 

完全報告書の場合、化粧品に含まれる成分の濃度と製品の使用方法が曝露評価に必要となります。

規制毒性試験の経験を持つBIORIUSでは、複合天然抽出物の安全性を含め、成分の安全性を評価します。

安全性評価の仕組みは?

評価の前に

  • サプライヤーとのコミュニケーション
  • 組成分析を実施
  • データの収集、整理、保管

評価中

  • 成分の毒性学的プロファイルの作成
  • 原料の毒性学的プロファイルの作成
  • テスト計画の実施と実行
  • 曝露評価とリスク評価・管理

評価を受けた後

当社では以下を提供します :

  • リスク、および一連の毒物学的プロファイルの評価を含む徹底した安全性評価
  • 安全性証明書

成分の性能評価

BIORIUSは、化粧品成分および/または原材料の性能を評価し、最適な試験計画を立案します。その結果と配合成分中の濃度に基づいて、当社エキスパートがお客様の化粧品に最適なマーケティングクレームをご案内します。

どのように進めますか?

試験を計画し、発注する

お客様の成分に応じて必要な試験を定義し、試験実施までのプロセスを管理します。

試験結果の分析を行う

試験結果を分析し、実施した研究と導かれた結論を記載した報告書を提供します。そして、どの成分に対して、どの濃度で、どのような効能表示が可能かを示します。私たちは常に完全なコンプライアンスを維持しながら、可能な限り最高の効能表示が得られるよう努めています。


ご質問はありますか?

ニュースレター購読

お問い合わせ

Avenue Leonard de Vinci, 14
1300 Wavre, Belgium

+32 2 888 40 10
+44 20 3866 1208

info@biorius.com

Google Maps

© Copyright - 2008 – 2021 BIORIUS

ツールバーへスキップ