化粧品の認証サービス

近年、化粧品業界では製品に関するラベルや認証の数が増えています。しかし、認証を受けるということは、単に認証ラベルを貼ることではありません。それには、意義のある確立された標準に従って事業運営するという化粧品ブランドのコミットメントが求められます。これらの標準は認証機関によって策定され、法令遵守、消費者への期待や安全の確保、特定の倫理規定など、多くの基準を含みます。

製品認証の取得は、製品およびブランド倫理に関する明確かつ透明性の高い情報を提供できるため、とても重要です。これにより製品に対する消費者の信頼を獲得し、顧客ロイヤルティを高めることができます。場合によっては、特定の市場にアクセスし、ある特定の消費者グループを惹きつけるために、いくつかの認証を保持しなくてはならない場合もあります。

化粧品の製品認証を取得するには、認証基準が適切に満たされていることを確認するために、有資格のエキスパートチームによって一連の検証プロセスを実施する必要があります。

製品認証においてBIORIUSを選択する理由

化粧品規制に特化したエキスパート集団として、BIORIUSは、製品が化粧品規制に準拠していることを確保しつつ、その規制の背後にある理念について焦点を当てることを支援します。私たちの認証は世界中で有効であり、さらに、独立した第三者機関であることから、自己認証にはないマーケティングコミュニケーションの価値を提供します。正当性や誠実さは、消費者の信頼を得るための絶対的な鍵を握っています。

BIORIUSは、試験を実施する会社ではありません。私たちの認証は、会社および製品に関する書類審査のみに基づいています。評価プロセスを開始する前段階で、明確に定義され、求められている特定データに基づいて製品を認証します。例えば、要求されるデータには、製品処方、原材料、もしくは製造方法などが挙げられます。認証取得が完了すると、認証製品にBIORIUS認証ロゴを表示することが許可されます。

BIORIUSの基本理念は、優れたカスタマーエクスペリエンスの提供です。各ブランドごとに専属のアカウントマネージャーとエキスパートを配置し、最高のサービスをお届けするために、各ブランドについての深い知識と経験を蓄えていきます。このカスタマイズされたアプローチにより、お客様の製品に最適な認証アドバイスを提供することが可能になります。

なお、製品の安全性評価をすでに当社にお任せいただいている場合は、認証のための必要情報(の多く)を既に取得済みのため、認証プロセスはよりシンプルになります。

化粧品認証

BIORIUSが提供できる認証の概要を以下にご紹介します。

クリーン認証

比較的新しいトレンドであるクリーン・ビューティー、そしてBIORIUSの「クリーン認証」は、人々、動物、地球環境の保護のために消費者がより良い行動にコミットするという概念を中心とした、現代的でポジティブな世界観に根差しています。この認証は、科学的な根拠を持ち、また関連する規制要件に完全準拠するよう慎重に考案されています。

グルテンフリー&ソイフリー認証

セリアック病など、グルテンまたは大豆関連の疾患がある消費者を保護するために考案されたこの認証は、厳格なグルテンフリーの安全基準を満たしており、また大豆を一切含んでいません。例えば、口腔ケア用の化粧品に適切かつ重要な認証となります。 

GMOフリー認証

製品製造において、遺伝子組換え生物 (GMO) が存在しないことを確証します。BIORIUSは、EC規制基準No 1829/2003およびEC指令 No 2001/18に準拠して、製品にGMOが含まれていないことを証明します。

ナチュラル&オーガニック認証

ナチュラル&オーガニック認証は、ナチュラルで純正の製品を求める消費者が、店頭に並んでいる美容製品について、十分な情報に基づいた選択を行えるようにします。

リーフ・フレンドリー認証

リーフ・フレンドリー認証は、ブランドと消費者が、驚くべき速度で拡大するサンゴ礁の被害を減らすためのコミットメントを示すのに最適な方法といえます。

ヴィーガン認証

製品がヴィーガンであり、動物性由来の成分または動物性副産物を含まず、製造工程でも動物性由来の成分または動物性副産物を使用せず、更には動物実験を実施しないことを保証します。これは、人々が化粧品を購入する際にますます重要になっているコンセプトです。

ニュースレター購読

お問い合わせ

Rue Joseph Wauters, 113
7170 Manage, Belgium

+32 2 888 40 10
+44 20 3866 1208

info@biorius.com

Google Maps

© Copyright - 2008 – 2021 BIORIUS

ツールバーへスキップ